忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1318] [1317] [1316] [1315] [1314] [1313] [1312] [1311] [1310] [1309] [1308]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  石持浅海
出版社: 光文社

  久しぶりに開かれた同窓会に参加するため大学時代の同級生たちが集まります。終始冷静冷徹な男・伏見亮輔は、後輩の新山を殺害し、密室に閉じ込めました。そうして自殺を装い、そのうえ「ある目的」を果たそうとしたのです。しかし、伏見を越えるほどの智能を持つ碓氷優佳だけは、伏見の犯罪を疑います。2人は息詰まるやりとりを繰り広げるのですが・・・

  倒叙ミステリ。

  さほど面白くなかったです。探偵が、小さな手がかりをこつこつと積み上げていき、犯罪を証明して行く部分で飽きてしまいました。小説と言うよりは、パズルのようなものではないか、と感じます。

  伏見が犯罪を犯した理由が最後になって判明するのですが理解できないです。狂っているとしか言いようがありません。そんなことのために、わざわざ凝った犯罪を起こすとは思えないし、犯人が狂っていることを明らかにするために著者はそういう理由を持ち出したのかも知れないけど、納得できないです。

  ただし、探偵役・碓氷優佳の推理をたどっていくのはそれなりに楽しいです。

  理由あって扉が壊せないので犯行現場へいけないのですが、碓氷優佳は緻密な論理でもって、伏見を追い詰めていきます。彼女が犯罪を解き明かしていく理由は凄いです。愛は人を狂わすというけれど、あまりにも回りくどい方法ではないか、と感じました。

  クローズドサークル(外界と遮断された状況)です。石持浅海は、その系統のミステリをたくさん書いている人だそうです。


自森人読書 扉は閉ざされたまま
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]