忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1863] [1862] [1861] [1860] [1859] [1858] [1857] [1856] [1855] [1854] [1853]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  ソポクレス
出版社: 岩波書店(藤沢令夫)

  オイディプスがテーバイの王となった途端に、テーバイは不作や厄病に襲われます。彼は、先王ラーイオスを殺した犯人を罰すれば災いは去る、という神託を受け、犯人を捜そうとします。ですが、自分こそが真犯人であることが発覚。さらに実母イオカステと交わって子を儲けていたことを自覚し、悲嘆に暮れ・・・

  ギリシア悲劇の代表格らしいです。

  簡潔で明快でスリリング。登場人物はそれほど多くはないし、短いので読みやすいです。以前にオイディプスがスフィンクスを退治しているそうなのですが、それらのことは基本的に劇の内では扱われません。だから、何人かの人間の掛け合いだけでほとんどの場面が終わってしまいます。それでいて、やっぱり衝撃的。

  全てが神託の通りにすすみます。オイディプスは、父を殺し、母を犯すことになります。運命に翻弄され、それに逆らうことは出来ません。その事態を避けようとしても、その逃避行為がさらに事態を悪化させてしまうのです。

  オイディプスは徹底的に無力で、なんというか憐れですらあります(最初から神託など受け取らなければいいのに、と思ってしまうけど)。しかし、人間はすべからくそういうものかも知れない、とも感じます。

  なんというか本当に救いがないです。

  『オイディプス王』は後世の学者・文学に多大な影響を与えたそうです。たとえばフロイトは、オイディプスこそ、人間の無意識のうちに潜む根本的な願望の具現化なのではないか、というようなことを推測したそうです(フロイトがエディプス・コンプレックスという言葉を生んだ)。なんとも嘘くさい気がします。フロイトは性的願望で多くのことを説明していくし・・・ そのようなことを気にせずとも楽しめます。

  藤沢令夫訳。


自森人読書 オイディプス王
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]