忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[736] [735] [734] [733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [726]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  筑波常治
絵:  坂本玄
出版社: 国土社

  「堂々日本人物史―戦国・幕末編」シリーズのなかの1冊。子ども向けのものです。僕は、偶然地元の図書館にあったこのシリーズを通して日本の戦国・江戸時代の詳しい流れを知るようになりました。なので、このシリーズには愛着があります。

  今回の巻は、尼子氏に仕えて命を散らし、忠義の人として昔からもてはやされてきた山中鹿之介。三日月に向かって、「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と祈ったという逸話は広く知られています。彼はほとんど無謀としか思えないような作戦をたてて、宿敵・毛利氏に幾度となく挑んでいきます。

  1回目は、隠岐の豪族・隠岐為清の協力を得て毛利氏から新山城を奪い、出雲をほとんど手中に収めるところまでいきますが、最終的には敗北。山中鹿之介自身も捕縛され、厠に行くふりをして脱出。2回目は、覇者として全国に勢力を広げつつあった織田信長や、信長に属する勢力の助力を受けて、若桜鬼ヶ城・私都城を奪取。しかし織田信長は、毛利氏との関係悪化を恐れて、山中鹿之介ら尼子氏遺臣勢力を放置。またもや尼子氏勢力は毛利氏に敗北し全ての城を放棄して逃走。

  そして3回目。山中鹿之介らは、織田信長勢力の先鋒として毛利氏と戦い、上月城を奪取して尼子氏再興をねらいます。しかし、織田信長は別の方向から攻め寄せる本願寺・上杉謙信の攻撃に対応するため、山中鹿之介ら尼子氏遺臣勢力を見殺しにして撤退。孤立した上月城は毛利氏の包囲によって陥落。山中鹿之介は再び捕われ、今度は謀殺されます・・・

  凄い生き方をした人だなぁ、と思います。不屈の闘志を持っている、といえば良いのか。3回も、強大な毛利氏に挑み、最期には命を落としてしまう・・ う~ん、悲劇の名将としてもてはやされるのも無理ないな、と思います。


自森人読書 山中鹿之介 「堂々日本人物史―戦国・幕末編」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]