忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[779] [778] [777] [776] [775] [774] [773] [772] [771] [770] [769]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

作:  木下順二
絵:  清水崑
出版社: 岩波書店

  小さい頃、けっこうたくさんの絵本を読んでもらったはずなのですが、今ではあまり覚えていません。記憶は曖昧で頼りになりません。絵本の感想書こうとする時に、読み直して始めて、あーそういえばそういうはなしだったけかなぁ、と思い出します。

  だけどこの『かにむかし』だけは、妙によく覚えていました。柿の下にいるカニとサルの絵が、表紙に描いてあるのもくっきり覚えていたし、あの理不尽なストーリーもしっかりと覚えていました。なんというかとても不思議です。どうしてこの絵本だけは覚えているのだろう・・・ 繰り返し読んで貰ったのかなぁ、そんなことはないような気がするんだけど。

  あらすじは『さるかに合戦』と同じです。

  拾った柿のたねをまいたカニ。「はよう芽をだせ、かきのたね」と言いながら育てていたら、いっぱい柿ができました。すると、そこへ意地悪なサルがやってきて、木にするすると登ると美味しいやつをもいでいきます。カニは、自分にもくれというのですが、サルに投げつけられた渋柿に潰され、死んでしまいました・・・

  親をつぶされたカニの子供たちは怒りました。栗や蜂、臼に、はぜ棒と牛のうんちといったものたちを味方につけて、サルのところへ仕返しに行きます・・・

  なぜか、とても鮮明に覚えているなぁ、絵まで。


自森人読書 かにむかし
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]