忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [184]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はザ・ブルーハーツというバンドのことを書きます。自由の森学園でよく聴かれているみたいです。

自森坂の先の階段
ブルーハーツ

  ザ・ブルーハーツが流れているのを、自由の森学園ではよく聞きます。昔から自森生に聴かれてきたのです。まぁ最近は洋楽やレゲエや分化がすすんでブルーハーツばかりではないけど。

  でもやっぱり、毎年毎年、音楽祭の最後フィナーレのとき1番多く流れるのは、たぶんブルーハーツです。どうして、ブルーハーツなんだろう。う~ん・・・ 今でもカラオケでよく歌われるという『リンダリンダ』『TRAIN-TRAIN』という大ヒットはあるけど・・ あとの歌は、そこまで有名というわけでもない気がします(有名なのかな)。

  ブルーハーツというのは、かなり昔のバンドです。最近、CMや映画で使われているのは、子ども・青年の頃にブルーハーツを聴いていた世代が、いま社会の中核(30~40代)になったからといわれています。なぜそういうバンドの音楽が、いま自由の森学園でよく聞かれているのか。う~んなぜだろう(ブルーハーツが活躍していたのは1980年代後半から1990年代前半)。もうすでに20年近くも前のバンドということになります。

  まぁ僕も好きです。ブルーハーツの歌は。

  それでもどうして、みんなから聴かれているのか、歌われているのか、分かりません。自由の森学園の空気と合うのかなぁ。ブルーハーツの歌が。

『リンダリンダ』『TRAIN-TRAIN』『人にやさしく』『キスしてほしい』『情熱の薔薇』『夢』『青空』『TOO MUCH PAIN』『夕暮れ』『終わらない歌』『チェインギャング』『僕の右手』『ラブレター』・・・ 

他にも『すてごま』とか。『チェルノブイリ』もあって良い歌がたくさんあるからかなぁ。

まぁ音楽というのは考えても分からないものなのかも知れません。

ってそんなしめでいいんだろうか・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]