忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[177] [178] [179] [180] [181] [182] [184] [183] [185] [186] [187]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  永山久夫
出版社: 旺文社文庫

  恐竜からサルへ、というところから始まります。恐竜の食について、なんてまったく知りませんでした。目から鱗、というか、とても興味をそそられました。「道具としての手」というのは社会科の授業でやったことだなぁ、と思い出しました。

  こういう物や人の長い歴史とかをのんびりと、少しずつたどっていくのはとても楽しいことです。こういうのって大好きです。「火の保持者は女」の人だったんだ、知らなかった。「最初の農作物はイモ」なんだ、知らなかったなぁ。こういうなんにもならないような、ささやかなことって、不思議なことにつながっていくのです。それで、あっちの知識とこっちの知識がつながって、はぁーそうなのか、と納得がいってすっきりすることがけっこうあります。

  なにげないからすぐ忘れてしまうので、ぱっと思い出すことが出来ないんだけど・・・ この本にもそんな知識がつまっています。読んでるだけで楽しいです。


関連リンク
サルからヒトへ


自森人読書 たべもの超古代史
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
でいちの年頃で、
こういう感じ方ができるなんて、
奇跡だよ。
的確にことばにできる男の子って、いいなぁ{%ピンクハートhdeco%}
秘書 2008/10/03(Fri) 編集
無題
ありがとうございます!
いや、でもやっぱりまだまだだなぁ・・
これから、もっとしっかりと
ことばを紡げるにしていきたいです。
だいち 2008/10/03(Fri) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]