忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1672] [1671] [1670] [1669] [1668] [1667] [1666] [1665] [1664] [1663] [1662]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『後宮小説』
腹宗が崩御。新皇帝のための後宮がつくられることになります。好奇心旺盛な少女、銀河は「三食昼寝付き」という言葉に誘われたのか、後宮に赴きます。まずは、女大学で学ぶことに。銀河は、冷静沈着いつでも寝巻を来てタバコを吸う江葉、貴族的傲岸さを持つ美女・世沙明(セシャーミン)、さらなる優雅さを持つ玉遥樹(タミューン)と同室になります。女大学では、瀬戸角人らから後宮哲学・房中術を学ぶのですが・・・

愉快な傑作。

「素乾書」「乾史」「素乾通鑑」といった文献を参考にしながら物語を記したと著者は延べています。中国の歴史小説のようです。しかし、実はすべてが虚構。

文章は軽快。物語自体も軽くて、いつでも確固たるものからのがれていき、捉えられません。著者は恍けています。戦も、セックスも淡白にさらさらと扱っていきます。その雰囲気は、沸々している中国の物語を思わせます。非常に良いです。

渾沌という人物が結構おもしろいです。『後宮小説』自体をあらわしているのではないかと感じないでもないです。とにかく、登場人物たちは非常に魅力的。小さなエピソードが、各々の登場人物をくっきりと描き出していきます。そして、クライマックスは切ないです。

非常に面白いです。

第一回ファンタジーノベル大賞受賞作。


読んだ本
酒見賢一『後宮小説』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]