忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1675] [1674] [1673] [1672] [1671] [1670] [1669] [1668] [1667] [1666] [1665]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『李白 巨大なる野放図』『杜甫 偉大なる憂鬱』
『李白 巨大なる野放図』『杜甫 偉大なる憂鬱』は大学入試の論文を書くとき、参考にした本。再読してみました。ラジオで放送されたものをまとめて本にしたもの。二人の人間が語り合いながら詩人の姿を明らかにしていくので、非常に読みやすいです。そして、要点はしっかりとまとめられています。

李白、杜甫は、漢詩という表現方法が最も輝いていた唐の時代に生きました。そして、多くの漢詩を作り、漢詩界の中では、最も偉大な人たちとして称えられています。しかし、二人は対照的です。

李白は豪放。いつでも飄々としていました(実はそういうわけでもなかったらしい、ということが『李白 巨大なる野放図』を読むとわかりますが)。各地を放浪し続けました。一時は、皇帝からもその詩の才能を愛されたそうです。一方、杜甫は誠実。一生、妻子を大切にしました。しかし、官途には恵まれず、反乱に巻き込まれることもありました。苦労人なのです。しかし、漢詩の世界では漢詩の神ともいわれています。

憂鬱が漢詩を面白いものにしていくのかもしれません。

参考文献を追っていくと、さらに面白いかも、と感じました。


読んだ本
宇野直人、江原正士『李白 巨大なる野放図』(再読)
宇野直人、江原正士『杜甫 偉大なる憂鬱』(再読)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]