忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1665] [1664] [1663] [1662] [1661] [1660] [1659] [1658] [1657] [1656] [1655]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『思想のドラマトゥルギー』
林達夫、久野収の対談をまとめた一冊。林達夫が基本的には語ります。しかし、林達夫の言葉を理解して受けるのは簡単なことではありません。久野収も物凄いです。両人は、博学です。しかし、知識が単に陳列されているわけではありません。その根底にあるのは、「レトリック」の問題である、という説明は誤りにはならないかも知れません。

一応最後まで読んでみましたが理解するのは容易ではありません。言葉自体は、基本的に平易です。しかし、あふれている固有名詞が理解を困難にしていきます。多分、少しもわかっていないです。

発見が満ちているということができるかも知れません。あらゆる方向にリンクが張られているようです。再度読む時、さらに多くのことを発見するような気がします。

全く敵わない、と感じます。真似することもできないとも思います・・・


読んだ本
林達夫、久野収『思想のドラマトゥルギー』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]