忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1451] [1450] [1449] [1448] [1447] [1446] [1445] [1444] [1443] [1442] [1441]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『戦後日本は戦争をしてきた』
『戦後日本は戦争をしてきた』は、姜尚中、小森陽一の対談集。二人が、日本の平和主義を見直していきます。非常に面白いです。ただし、「グローバリゼーションの深化が、数多くの自殺者と犯罪者を生み出している」というような主張には、もう少し裏付けが欲しい気もします。分からないわけではないけれど、観念的だから、危ういのではないか。ただし、それが、『戦後日本は戦争をしてきた』の面白さでもあります。言葉に対する強いこだわりが感じられます。

二人は、言葉によって、今の日本の状態をただしていこうとします。力強いです。

テロという言葉を二人が再考していく部分は、とても面白いです。自分が発した言葉に誤りがあったのに責任をとろうとしないジャーナリズムや学者や政治家に対する批判も、小気味良いです。

「憲法は守るだけでは意味がない、生かすべきだ」という言葉は、非常に重いです。多くの人がそういうふうに語っています。しかし、なかなかに難しい気もします。それでも、守りに入っていては、展望がひらけない、とも思いました。

「現実を批判するのは現実ではない。現実を批判するのは理想なのだ。(矢内原忠雄という人が用いた言葉だそうです)」という言葉が引用されているのですが、印象に残ります。何らかの指針/理想がなければ、進んでいけません。現実主義という言葉は、よく分からない、と感じます。


読んだ本
姜尚中、小森陽一『戦後日本は戦争をしてきた』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
小森陽一さん懐かしいなあ。
確か昔じもりに来て、中学生と授業をつくってた。
(授業をするんじゃなくて生徒と一緒につくってた。笑)
2010/07/08(Thu) 編集
Re:無題
小森陽一さんの授業、体感してみたかったです。
講演をきいたことはあるけれど、物凄く遠かったです・・・
きてもらえないでしょうか、と頼んでみれば良いのかなぁ。
 【2010/07/08】
無題
http://jimoren.my.coocan.jp/to/n-h1/n-0809.html
そうですね。まとめが表立ってはないですね。笑
内部には資料(ビデオなど)があるのかもしれません。

小森陽一さんの授業は本が出ているようです。
http://blog.goo.ne.jp/kisawai_2007/e/014cdb664542a05f9c1f1e069333bede
URL 2010/07/12(Mon) 編集
無題
URLが押せない感じなので。。URL↓ココに設定しました。
URL 2010/07/12(Mon) 編集
Re:無題
ありがとうございます。小森陽一さんは、「ふつうの日本語」を知らなかったから、かえって日本語にこだわるのか・・・ 面白い。話してみたいなぁと感じます。
 【2010/07/12】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]