忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1453] [1452] [1451] [1450] [1449] [1448] [1447] [1446] [1445] [1444] [1443]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『in our time』
1925年に刊行された短篇集『In Our Time』の中にさしはさまれている小品(ショートショートと言っても良いほど短い)を幾つか集めたのが、『in our time』。避難していく人間の群れ、闘牛、大臣の射殺などが描かれています。むだなものが完全に削ぎ落とされています。残っているのは、ザクッとした描写だけ。訳が良いです。柴田元幸訳。

ヘミングウェイの短編集。

『老人と海』は、好きではありませんでした。なんというか惹かれなかったのです。ですが、『in our time』は面白かったです。清いからです。ヘミングウェイが分かります。

書きたいことが満ち溢れていても、それらをこぼさずに書き込んでいくことはできません。訳が分からなくなってしまうからです。だから、小説家は、本当に伝えたいと思っていることだけを選び抜き、並べていきます。しかし、ヘミングウェイには書きたいことがないのではないか、と読んでいて感じます。絞っているのではなく、逆に、捻り出しているような印象を受けます。

ただし、描写自体は練り抜かれています。

作者のこだわりが隅々にまでいきわたっています。そして、それによって、徹底的に、縛り付けられています。だから、読みやすいけれど、なんだか妙に息詰まります。それが良いかなぁと感じます。


読んだ本
アーネスト・ヘミングウェイ『in our time』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]