忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1570] [1569] [1568] [1567] [1566] [1565] [1564] [1563] [1562] [1561] [1560]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★

著者:  森絵都
出版社: 理論社

  主人公は夏目環。彼女は家族を事故で失い、その上育ての親だった叔母まで亡くしてしまいます。彼女は絶望してしまうのですが、その後、いろんなことがあった後、愛用の自転車「モナミ1号」に乗って必死に走り始めます。この世と冥界との間には「レーン」があって40キロを一気に走りきれば、冥界にたどり着けるからです・・・

  不思議な小説。

  最初、主人公の不幸が淡々延々と綴られている部分には辟易しました。森絵都らしからぬ、いかにも重々しくて、どこかで読んだことがあるような展開だったからです。

  だけど、途中からは面白くなってきます。走って走って死者の国まで行く、という突飛な展開になるからです。そして、いつもながらのちょっと笑える良いはなしに突入していきます。その接続は面白いです(『サウスバウンド』みたい)。そうくるのか、と感心しました。

  スポコンものと化していきますが、スポーツで過去を紛らわす、というふうにはなりません。全力で走ることが死者と出会うことにも繋がるからです。

  最終的に彼女は自転車に乗ることなく、自分で走ることで成長していき、こちら側の世界にも居場所を見つけ出します。いろんな人と衝突するんだけど、それでももう生きることを諦めたりはしなくなっていきます。良かった良かった、と感じます。

  全体としては面白いです。ただし、前半のタメはあまりにも長いし、読むのが面倒だった・・・


自森人読書 ラン
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]