忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1612] [1611] [1610] [1609] [1608] [1607] [1606] [1605] [1604] [1603] [1602]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  ジェイムズ・P・ホーガン
出版社: 東京創元社

  近未来。月で測量をしていた調査チームが、真紅の宇宙服を着た人間の遺体を発見します。その遺体はどこの月面基地にも所属していませんでした。しかも、調査の結果、死後5万年が経過しているらしいことが判明。人類は彼をチャーリーと名付け、チャーリーが何者なのかを解明しようとします。彼はほぼ現代の人類と同じ体型と同じ身体構造をしており、人類の仲間と考えられました。つまり明らかに異星人ではないのです。しかし、5万年前、地球上には人間を月面に送り込むほど高度な文明が存在したとは考えられません。物理学者、ヴィクター・ハントは全体を俯瞰する役につき、科学者たちを仲介して情報を流通させながら壮大な謎に挑みます。しかし、謎が謎を呼び、調査は暗礁に乗り上げ・・・

  SFミステリ。最高に面白い傑作。

  海外SF小説の中で好きな作品を1作だけ選んで欲しい、というふうになったら『星を継ぐもの』を選ぼうかなぁ、と思うほど。

  『星を継ぐもの』というタイトルがまず良い(Zガンダムの映画がまねしたほど)。

  そして、ミステリとしても素晴らしいです。感動と言う言葉を安易に使ってはならないと思うんだけど、謎が解き明かされた時には感動しました。全てがみごとにぴったりはまります。人類が抱え込んでいる色んな謎、(たとえば、古生物学におけるミッシングリンクの謎)への解答が示されます。

  素晴らしいアイディアが根幹にあります。しかも、ジェイムズ・P・ホーガンの作品の底流には人間の良心への信頼があります。そこも良いです。とにかくおすすめ。


自森人読書 星を継ぐもの
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]