忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1050] [1049] [1048] [1047] [1046] [1045] [1044] [1043] [1042] [1041] [1040]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  谷川流
出版社: 角川書店

  変人・涼宮ハルヒは、周囲の人間を強引に巻き込んで、SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)を結成。キョンや、みくる、長門有希、古泉一樹らはそれに付き合うことに。実は彼らにはそれぞれ秘密があって・・・

  ちょっと『究極人あ~る』を連想します。読んでいると途轍もなく恥ずかしくなってくる青春学園もの。

  スニーカー大賞受賞作。この作品を高く評価するとそれだけでオタク扱いされるけど・・・(表紙からして、ラノベっぽいかわいい女の子が飾っている) とはいえ、ラノベとしてまったくそつがなくて、なおかつ良くも悪くも「ラノベ」でありながらそれに自覚的(つまり自虐的)なところが面白い。かつこれ以後のシリーズで「物語」とは何かという問題に面白おかしく挑んでいくところはさすがです。とか、そういうことを書いたところで「御託に過ぎない」と言われればそれまでですが・・・

  とにかく、願望小説としてよくできているのです。青春したいけどそれを素直に認められない子どもたち(とそれを通り越してしまった大人たち)のためにあるような小説と言ってしまって良い気がします。ハルヒみたいな女の子がいて、SOS団みたいなゆるくて心地よい空間があったら・・・ と、誰もが望むのではないか。

  しかも、最終的に主人公キョンが選び取るのは魅惑的な「非現実・バーチャル」ではなくて味気ないけどそれなりに何かがあるはずの「普通の日常」。そこだけでも、現実(というか主に女性)から逃げまくる『エヴァ』より素晴らしいのではないか(いろいろと設定がずるいけど)。

  ライトノベルというのは、『ビューティフルドリーマー』『エヴァ』などのサブカルチャーの系譜を受け継いだものなわけですが。そのラノベというものが行き着くところまで行き着いたらどうなるのか、ということに挑んだところは評価できると思います。回答は「日常への回帰」だから、ある意味では「二次元」の敗北を指し示しているんだけど(いや、あらゆる要素を取り込んでしまえる可能性だろうか)。

  ラノベの一種の到達点ともいえるし(あんまり、ライトノベル読んでいないのに偉そうに言うな、という感じですが・・・)、ラノベそのもののパロディとしても読めて面白いです。


自森人読書 涼宮ハルヒの憂鬱
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]