忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1905] [1904] [1903] [1902] [1901] [1900] [1899] [1898] [1897] [1896] [1895]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  グレッグ・イーガン
出版社: 早川書房

  『祈りの海』はグレッグ・イーガンの日本オリジナル短編集。『貸し金庫』『キューティ』『ぼくになることを』『繭』『百光年ダイアリー』『誘拐』『放浪者の軌道』『ミトコンドリア・イヴ』『無限の暗殺者』『イェユーカ』『祈りの海』収録。

  『貸し金庫』
  眠るたびに様々な人間の体の中を飛び移ってしまう男が主人公。彼は、貸し金庫の中に自分を宿した何千もの人間の記録を書き溜め、その現象について考えようとしていたのですが・・・

  『キューティ』
  子供が欲しくてたまらない男は、4年で死ぬ赤ん坊に似た生物を買います。そしてキューティと名付けるのですが、あまりにも可愛いので・・・

  『ぼくになることを』
  <宝石>を頭のなかに埋め込むことが普通になりました。多くの人はそれに自分そのものを記憶させ、ある年齢に達したら、脳を捨てて<宝石>に乗り移り、老衰を免れました。ですが主人公は、<宝石>が自分といえるのか分からず、苦悩しますが・・・

  『繭』
  ある企業が、胎盤の組織を改変することで胎児を様々な汚染物質から守る繭を開発しようとしていました。ですが、その企業の研究所が爆破されます。ゲイの主人公はその謎を追うのですが・・・

  『百光年ダイアリー』
  日記を読めば、未来のことが分かってしまうようになりました。しかし、日記はすでに記されていた通りにしか記すことが出来なくて・・・ 自由意志とはなんであるのか、問う作品。

  『誘拐』
  妻を無事に帰して欲しければ金を払え、と映話がかかってきます。主人公は慌てて確認すると妻は無事で・・・ そこそこに面白いです。

  『放浪者の軌道』
  突如として思考・思想が感染するようになり、人々はある考え方を持った集合体となっていきます。それを嫌う主人公は、フリーウェイを歩き続けるのですが・・・ 秀逸。「どこにも属さない」ことを目指していたのに、もしかしたら「どこにも属していないグループ」に属していることになっているのかも知れない。

  『ミトコンドリア・イヴ』
  「全ての人間は、一人の女性の子孫にあたる」ということを科学的に証明し、それだから人種は越えられると呼びかけ、世界に平和をもたらそうとするグループが現れます。主人公は違和感を覚えつつ、恋人に説かれ、彼らに協力するのですが・・・

  『無限の暗殺者』
  主人公は暗殺者。無限の平行世界を巻き込む渦を巻き起こす犯人を探し出し、殺そうとするのですが・・・ 多分、収録されている中で最も難解。

  『イェユーカ』
  主人公は医者。ウガンダで奇病・イェユーカを追いかけるのだけど。医療を扱った作品。

  『祈りの海』
  物語の舞台は惑星コヴナント。そこに移住した人々は海と陸に分かれていきました。そして生殖の方法も大きく変化していました。主人公マーティンはおもりをつけられて海に沈み、恍惚感に浸ります。そして、教会に属するのですが。

  非常に硬質な物語ばかり。

  世界とは?遺伝子とは?自分とは?個性とは?生命とは?未来とは?時間とは?並列世界とは?思想とは?次元とは?医療とは?宗教とは?神とは? 様々なことを考えさせられます。「アイディアは面白いけど、ストーリーが面白くない。アイディアだけの小説」などと評されることもあるようですが、科学が生み出す奇怪な世界とそれの問題に真正面から挑みかかる骨太な物語には惚れ惚れします。これこそがSFなのではないか。


自森人読書 祈りの海
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]