忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1187] [1186] [1185] [1184] [1183] [1182] [1181] [1180] [1179] [1178] [1177]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  横山秀夫
出版社: 講談社

  横山秀夫の短編集。『動機』『逆転の夏』『ネタ元』収録。

  『動機』
  警察手帳一括保管を提案した警官が危地に追い詰められた警察官・貝瀬の物語。この事件は内部の犯行なのか、外部の犯行なのか・・・? 貝瀬は独自に追求していくのですが、最終的には意外な人が犯人と分かります。

  『逆転の夏』
  かつて女子高生を殺してしまった男が主人公。彼のもとに殺人依頼の電話がかかってきます。どうしてその事実が、その何者かにばれているのか・・・?どんでん返しが見事。

  『ネタ元』
  女事件記者の物語。彼女は、主婦殺人事件のまとめを担当していました。しかし、やたらと飛ばす原稿を求められ、反発。そんな中で、東洋新聞という大手から引き抜きのはなしを受け、心揺らぐのですが・・・
  『密室の人』
  裁判中に居眠りしてしまい、窮地に追い詰められた裁判官の物語。妻の名を連呼したことが致命的。彼はどうなるのか・・・?

  横山秀夫という人の短編小説は重くて面白いです。まっとうな主人公。彼らに重くのしかかる過ちや、過去の出来事。とても重くて、読んでいて疲れを感じるほどです。しかし、そこが良いのではないかと感じます。これで長編だったら、読むに耐えないだろうけど、短編だから入っていけます。

  ぎゅっと圧縮された物語と、短く切られた読みやすい文章。それがうまい具合にかみあっています。凄い、というしかないです。


自森人読書 動機
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]