忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  鯨統一郎
出版社: 東京創元社

  「悟りを開いたのはいつですか?」「邪馬台国はどこですか?」「聖徳太子はだれですか?」「謀叛の動機はなんですか?」「維新が起きたのはなぜですか?」「奇蹟はどのようになされたのですか?」の短編6篇が収録されているもの。

  作中の登場人物たちのやりとりはたいして面白くないのですが、推理の中身は面白いです。歴史好きにはたまらないようなものばかりです。そうか、そういう切り込み方をするのか、と感心させられます。

  聖徳太子はいなかった、という「聖徳太子はだれですか?」は、まぁちょっとトンデモなんだけど、いろいろ考えさせられます。つまりその当時、聖徳太子の生きていた時代には誰も彼を「聖徳太子」と呼んでいないわけです。しかも、聖徳太子が生きていた証拠(聖徳太子の死のときにつくられた刺繍など)は全てウソだ、というのも事実です。そこから「聖徳太子はいなかった!」というところまで飛んでいくのは鯨統一郎のぶっ飛びだけど、面白いです。

  「維新が起きたのはなぜですか?」は維新の黒幕は誰か、を推測するもの。実は幕臣だった勝海舟が黒幕だ、というのが結論だけど、これはトンデモではありません。ありえるかもなぁ・・・ と思わされます。『王道の狗』というのがあってその中にも勝海舟が登場するんだけど、やぁあの勝海舟ならやりかねないんじゃないか、という気もします。そのまま鵜呑みにするのはだめだけど。

  6つのなかで、1番の傑作は、「奇蹟はどのようになされたのですか?」だと思います。イエス・キリストはどうして復活したのか? ということを鯨統一郎流に読み解くものです。凄いなぁ・・・ 面白い! まだ読んだことのない人は、ぜひ読んでみてほしいです。


関連リンク
中2 社会 邪馬台国はどこにある?


自森人読書 邪馬台国はどこですか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]