忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347] [346]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『きのうの世界』
今日は、『このミステリーがすごい! 2009年版』『RUN!RUN!RUN!』 をよんだあと、恩田陸『きのうの世界』を読みました。

長かったので計2時間半くらいかかりました。
正直言って、厚いわりには苦労して読んだ甲斐がなかった。読み終わった後、空虚感が漂います・・・

でてくる設定とかはまぁ面白いんだけど、意表をつくような意外なものでもなくて、ふ~んという感じで終わってしまいます。
というより、もう意味が分からないから、読者には推理する楽しみすら与えられていなくて、だから自分の推理と、謎解きとをすり合わせて楽しむ、とか全然できない・・・(僕の頭が悪いだけなのかも知れないけど)

物語の語り手はどこまで信用できるか不明だし。アンフェアっていうか・・ もう「正しい」ミステリー小説の範疇からははずれてしまっている感じです。いつの間にか、事件を解くことが物語の主題ではなくなっているし。

一番最後の章(落ち)で、拍子抜けします。これなら最後の章ないほうが良いような気がする。殺人の謎を未解決のままにしておいたら、読者は怒るかも知れないけど、それと同時に「これはミステリではないんだ、不可解小説だ」というふうな思いも抱くから、納得してくれるかも・・・
だめか。もっと消化不良か。

もやもや感を楽しめ、ということなのだろうけど。
う~んむずかしい。


今日読んだ本
恩田陸『きのうの世界』

今読んでいる本
陳舜臣『英雄ありて』(再読)
『世界』編集部『保守政治家は憂える―自民党リーダーたちとの対話』
田下敬子『原色の女 もうひとつの『智恵子抄』』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]