忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インディゴの夜

『インディゴの夜 チョコレートビースト』を読みました。
1作目を読まず、2作目から読んでしまいました。

渋谷にある一風変わったホストクラブ「club indigo」。
なぜか、いろんな事件が次々と持ち込まれます。ホスト連続襲撃事件、謎の失踪を遂げた編集者のこと、強盗事件・・・ そしてあるときは、仕組まれたホストコンテストに巻き込まれたりもします。
それらを、クラブの共同経営者である高原晶と塩谷、それとクラブに勤めるホストの人たちが解決していくというもの。

あんまり生臭いはなしではなく、しかも軽くて読みやすかったです。とんとんとはなしが進んでいくなぁ・・・ あまりにもはなしが上手すぎる気もするけど、まぁ良いんじゃないか。面白いんだし。

語り手は、晶という30代の女性なのですが、その人のつっこみが楽しいです。「最近の若者のオシャレは分からない」とか。


今日読んだ本
加藤実秋『インディゴの夜 チョコレートビースト』

今読んでいる本
陳舜臣『英雄ありて』(再読)
『世界』編集部『保守政治家は憂える―自民党リーダーたちとの対話』
田下敬子『原色の女 もうひとつの『智恵子抄』』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
インディゴの夜 チョコレートビースト/加藤実秋
インディゴの夜 チョコレートビースト (ミステリ・フロンティア)/加藤 実秋 ¥1,575Amazon.co.jp 【深く蒼い夜の似合う街・渋谷。 近頃女の子たちの話題を集めているのは、一風変わったホストクラブ“club indigo”。 スタイリッシュで魅力的なホストが揃うこの店には、今
URL 2008/12/30(Tue)21:20:17
「チョコレートビースト-インディゴの夜-」加藤実秋
「チョコレートビースト-インディゴの夜-」加藤実秋(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、club、ホスト、少年探偵団、インディゴの夜 シリーズ物の作品で、その途中の一作品のみを取り出して読んで、それがおもしろければその作品は一冊の作品として成功している。シリーズ物を一番おもしろく楽しむには一作目、あるいは書かれた順番に読むのが一番だということは無論のこと。しかしシリーズであっても1巻、2巻・・、あるいは上巻、下巻というように、作家によって読み方の順番を指定さ...
URL 2008/12/31(Wed)06:50:11
加藤実秋【インディゴの夜 チョコレートビースト】
このまえ読んだ【インディゴの夜】の続編。とくに目新しいとも思えないが安定した面白さは、前作と変わらない。 これは長いシリーズ物にな...
URL 2008/12/31(Wed)22:38:53
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]