忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1098] [1097] [1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089] [1088]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『さよならダイノサウルス』
ブランドン・サッカレー(ブランディ)と、マイルズ・ジョーダン教授(クリックス)は恐竜が滅びた理由を探るため、6500万年前にタイムスリップします。ですが、2人はテスという一人の女性を巡って争っている最中でした。そのため、彼らは恐竜と出会うのですが、なかなか協調できません。そうして2人がいがみ合っているうちに恐竜の体内からは青いゼリーのようなものがでてきて、しかも恐竜が喋りだし・・・ というようなことが書いてある文書をブランドンは発見し、困惑するのですが・・・

優れたSFミステリ。

恐竜が滅びた理由、恐竜が巨大でも大丈夫な理由などなどが次々と解明されます。それらの真相はまったくもって奇想天外というしかなく、SFとして非常に面白いです。

しかも、タイムマシン、恐竜、異星人などなどがてんこもり。それなのに、古臭さ/安っぽさは感じられません。様々な謎が散りばめられているためか、読み進めることができます。

物語は伏線だらけ。むしろ、伏線だけといってもよく、もう少し深みが欲しい気がしないでもないです。まぁこれくらいさっくりとしているからこそ読みやすいのか。


読んだ本
ロバート・J・ソウヤー『さよならダイノサウルス』

読んでいる最中
神林長平『アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]