忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089] [1088] [1087] [1086] [1085] [1084]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『日の名残り』
主人公は、ダーリントンホールの執事スティーヴンス。彼はかつての主人ダーリントン卿を失い、新たにアメリカ人の主人ファラディ氏を迎えることとなります。ファラディ氏はジョークが好きなアメリカ人だったため、スティーブンスは戸惑いました。そんなある日のこと、主人に勧められ、イギリス西岸のクリーヴトンへと出掛けます。旧友ミス・ケントンと再会し、再び彼女とともにダーリントンホールを運営できたら嬉しい、と彼は考えたからです。小旅行の最中、美しいイギリスの田園風景に触発されるためかスティーブンスは回想ばかりを繰り返します・・・

イギリスというもの自体を描いた小説のようです。

小説は、執事スティーブンスのしっとりとした語りで進んでいきます。その語り口がまたいいのですが、彼が書きたくないと思っていることは注意深く取り除かれています(たとえば、ミス・ケントンへの恋情とか)。つまり、大切なことは書かれていないわけです。そこが奥深いです。

スティーブンスは品格ある執事であり続けるためにミス・ケントンに近寄ろうとはしません。ほとんどつっけんどんといってもいいような態度をとるわけです。2人は互いのことを想っているのに決して向き合うことは出来ません。あまりにも哀しくて胸を抉られます。

そして、スティーブンスとその主人ダーリントン卿は、時代の荒波にのまれていきます。

ダーリントン卿は騎士道精神に則った人間であろうとし続けたためにナチスドイツに操られ、スティーブンスは品格ある執事であり続けようとしたためにそれを助けることになってしまいます。あまりにも痛々しいです。ただただ誠実に、立派に生きようとすることで失われていくものがどれほど多いか、と考えさせられます。

でも、執事スティーブンスは決して惨めではない、と感じます。彼の生き方は間違っていたけれど、それでも立派だったのではないか。

ブッカー賞受賞作。


読んだ本
カズオ・イシグロ『日の名残り』

読んでいる最中
ロバート・J・ソウヤー『さよならダイノサウルス』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カズオ・イシグロの「日の名残り」を読んだ!
中央公論社から刊行されたカズオ・イシグロの「日の名残り」を読みました。原題は「The Remains of the Day」、この本、買った経緯がどうしても思い出せません。と思って、カバーをはがして裏表紙を見たら、ブックオフの105円のシールが貼ってありました。たぶん2、3年前に
URL 2010/01/22(Fri)22:04:02
「日の名残り」カズオ・イシグロ著
本を閉じ終えた時、私はなんとも形容しがたい静かで深い感動に包まれてしまった。私にとっての禁句の”感動”が、これほどふさわしい作品もそうそうないのだが、こんな経験こそが、私には実感できる生きている幸福のひとつでもある。 1956年7月、スティーブンスが執事として長年勤務している由緒あるお屋敷ダーリントン・ホールは、主人であったダーリントン卿亡き後、米国人の大富豪ファラディ氏によって買い取られた。ファラディ氏にとっては、英国にしか存在しない召使ではない本物の”執事”を雇うことは、本来の役割だけではなく、...
URL 2010/01/24(Sun)20:54:53
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]