忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近読んだ本
佐藤二雄『テレビとのつきあい方』
あずまきよひこ『よつばと! 8』
(ミステリー・アンソロジー)『殺意の時間割』


『テレビとのつきあい方』は子どもと叔父さんの手紙のやり取りの中で、テレビというものを考えていくものです。テレビは、日本の家庭に深く侵食しています。子どもから老人まで、多くの人が毎日1時間かそれ以上の時間、テレビとつきあっています(パソコンが登場して、少し図式が変わったかもしれないけど)。そして番組の命は、視聴率。正しい報道も、娯楽番組に押されてしまいます。しかも、権力によっていいように利用されてきた、という歴史があります。湾岸戦争のとき、「油まみれの海鳥」、「イラク兵が病院に侵入して赤子を放った」などといった情報が流されました。でもそれは全てウソ。アメリカ軍が流したものだったと分かっています。『戦後史にみるテレビ放送中止事件』ともつながってくるなぁ・・・ どういうふうにテレビとつきあえば間違えないのか。考えてこんでしまいます・・・

マンガ、『よつばと!』はいつ読んでも楽しいです・・・ 自由の森学園の図書館にもいれてほしいなぁ。もしかしてあるのかなぁ。借りられているのかも知れない。自森人の読書日記 よつばと!に感想というか、感想じゃないみたいのが載っています・・

『殺意の時間割』は、いろんなミステリ作家の短編を集めたもの。時間をめぐるミステリを集めたようです。『命の恩人』(赤川次郎)、『Bは爆弾のB』(鯨統一郎)、『水仙の季節』(近藤史恵)、『アリバイ・ジ・アンビバレンス』(西沢保彦)、『天狗と宿題、幼なじみ』(はやみねかおる)の5つの短編が含まれています。どれも面白いけど、鯨統一郎のやつはちょっと・・・という感じかなぁ。


今読んでいる本
ニール・カミンズ『宇宙100の大誤解』
坪内稔典『季語集』
榊原悟『日本絵画のあそび』
泉鏡花『高野聖』(どんどんあとまわしに・・・)
『やられたらやりかえせ 実録 釜ヶ崎・山谷解放闘争』
伊坂幸太郎『魔王』
石川雅之『もやしもん』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]