忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[534] [533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

五木寛之って、今では大御所みたいな人だよなぁ・・・ 直木賞、小説すばる新人賞、吉川英治文学賞、泉鏡花文学賞、坪田譲治文学賞の選考委員をやっていて。だけど、これまで全く読んだことなかったです。

『冥府への使者』は、インテリに憧れる日雇いの男が主人公。
彼は、朝日ジャーナルと平凡パンチをいつでもしっかりと手にしている男。ちょっと頭の良さそうなことを言って、へー凄いねと思われるのが好きでした。
そんなある日、とても良い仕事があるというので、それについていきました。とても厳重で、まったくどこへ連れて行かれたのか分からない。着いた先は宿。そこで3日間寝泊りしろ、ということらしい。
そしてボタ山の発掘をやらされます。いったい何を探しているのかさっぱり分からないのですが・・・
何十人分もの骨が見つかった途端に、その発掘は終わりました。

男はあまりにも怪しいので、一緒に働いていた学生と共謀して雇い主の話を盗み聞き。そしてどうやら、その骨は終戦まもなくの頃、殺された日本人以外の労働者らしいと知り、2人は脱走して新聞社に駆け込みます・・・


今日読んだ作品
五木寛之『冥府への使者』

今読んでいる作品
森村誠一『紺碧からの音信』
山田正紀『ミステリ・オペラ―宿命城殺人事件』
北村薫『紙魚家崩壊』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]