忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[88] [90] [91] [92] [93] [96] [97] [98] [100] [101] [102]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自由の森学園図書館で、近藤ようこ『夜長姫と耳男』(原作:坂口安吾)と吉田秋生『海街diary2 真昼の月』という2つのマンガを借りたのですが、どちらも面白いです。『海街diary』は傑作だなぁ。★5つだ。まぁいつか感想を詳しく書こうと思うけど、すごく身近な日常を描いているのに、面白いです。マンガでそういう「日常」を上手く描ききるのは並大抵のことではないよなぁ・・・ SFより普通の「日常」を描くほうがよほど難しい。普通にやると陳腐になってしまうし、かといって過剰にやればギャグマンガになるか、変にシュールな感じになってしまう。そこらへんをうまく乗り切っている気がします。
そういう一般の「日常」とはかけ離れている感じがする大学が舞台の小説が、『冷たい密室と博士たち』 。S&Mシリーズ第2巻。やっぱり面白いです、森博嗣が描くキャラクターたちは面白い。だけど『すべてがFになる』ほど衝撃ではなかったなぁ。まぁそういうふうにくるよな、と予想できなくないというか。

次回の第3巻『笑わない数学者』が楽しみです。西澤保彦という人が、「平成本格ミステリ最大の問題作」と言ってしまうほどの傑作らしいので。

『注文の多い活字相談』のことは、すでに色々と書いたのでそちらを読んで欲しいです。面白かったです。まぁ通読するという種類のものではないかもしれないんだけど。


最近呼んだ本
森博嗣『冷たい密室と博士たち』
本の雑誌編集部・編『注文の多い活字相談』


今読んでいる本
姜尚中『姜尚中の青春読書ノート』
森博嗣『少し変わった子あります』
近藤ようこ『夜長姫と耳男』(原作:坂口安吾)
吉田秋生『海街diary2 真昼の月』
池上彰『相手に「伝わる」話し方―ぼくはこんなことを考えながら話してきた』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
TBどうもありがとうございました!
『冷たい~』は確かに『すべてがFになる』ほどの衝撃はなかったかも。しかし、キャラクターのよさは確認できた作品でした。
私も『笑わない数学者』を予約中です。感想楽しみにしていますね。
るい 2008/11/05(Wed) 編集
無題
こちらこそコメントありがとうございます!
『笑わない数学者』、昨日1日でだーっと全て読んでしまいました・・ やっぱり、凄く面白かったです。
だいち 2008/11/05(Wed) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
11月始まる。
11月、たくさん本を読みたいなぁと思います。最近読んだ本のことについて。もう1つのブログから記事を転載。
URL 2008/11/03(Mon)13:25:34
「冷たい密室と博士たち」 森博嗣
冷たい密室と博士たち (講談社ノベルス)著者:森 博嗣販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を確認する面白いんだけど、つまらなかった。どっちですか、って感じですが、キャラクターやトリックの構想は
URL 2008/11/05(Wed)13:44:06
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]