忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『日本映画史100年』はかなり大雑把に、しかし要点は押さえつつ日本の映画史を振り返っていくもの。
まぁ見たことのない映画ばかりが紹介されているので、読んでもなんともいえないのですが。う~ん、いろんな流れがあるんだなぁ。

弁士の存在が日本の映画に大きな影響を及ぼした、という指摘があります。全然知りませんでした。そうなんだ・・・ 確かに弁士の生き残りが『エロ事師たち』なんかでも登場していたなぁ、そういえば。

最近では、ピンク映画が新たな才能を生み出す土壌になっているのは面白い。周防正行も、もとはそちらからやってきたんだ・・・

怪獣映画の大流行は、日本映画にしかない、というふうに書いてあるけど、確かにその通りのような気がします。海外の映画では怪獣映画ってあまりないような気がします。パニック映画の中に微妙にあるくらいで。

今は、もう宮崎駿というか、スタジオジブリのみが圧倒的な人気を誇っていてそれ以外のところからでてくるものがほとんどないという状況なのかなぁ・・・


今日読んだ本
四方田犬彦『日本映画史100年』

今読んでいる作品
平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』
横山秀夫『ネタ元』
横山秀夫『密室の人』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]