忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1678] [1677] [1676] [1675] [1674] [1673] [1672] [1671] [1670] [1669] [1668]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『水滸伝‐虚構のなかの史実』
宮崎市定は、『水滸伝』を、歴史学的に読み解いていきます。しかし、それほど堅苦しくはありません。逆に楽しいです。『水滸伝』を読んでいてもわからない部分が、くっきりと見えてくることがあります。たとえば、悪役として非難されている奸臣たち(童貫、蔡京)が実際には何をしたのかということがわかります。頻出する官職名が何を示していたのかということがわかります。

宋江は二人いた、という面白い考察も含まれています。官軍の宋江と賊軍の宋江がいた、ということが資料を読み解くとわかるそうです。それから、『水滸伝』の物語の舞台になっていた時代の少し後に、梁山泊に立て籠もった人間がいた賊という話もあります。

浪子(たとえば、徽宗も)が溢れる時代というのは恐ろしいかも知れない、と感じました。しかし、それだけ豊かだったということでもあるはずです。

宋という時代を覗き見ることができます。非常に面白いです。


読んだ本
宮崎市定『水滸伝‐虚構のなかの史実』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]