忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[980] [979] [978] [977] [976] [975] [974] [973] [972] [971] [970]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年(2009年に出版された本が対象)の本屋大賞候補を再度予想してみます。まぁ多分、あまり当たらないと思います。半分あたればいいなぁ・・・(%は本屋大賞を受賞する確率を気分で予想)


●村上春樹『1Q84』 50%
ここまで話題になり、売れたのだから本屋の人たちも無視できないと思います。本屋大賞をとるかどうかは分からないけど、候補にはなるのではないか。あまりなって欲しいとは思わないけど。

●伊坂幸太郎『あるキング』 40%
今までベスト10には必ず入っている伊坂幸太郎の作品なのだから、やはり今回も候補にはなるはず。本屋大賞をとれるとは思わないけど。

●奥田英朗『オリンピックの身代金』or『無理』 40%
『オリンピックの身代金』は本屋大賞候補になるのではないかなぁ、読んでないけど。

●北村薫『鷺と雪』 30%
直木賞受賞作だからくるかなぁ・・・

●万城目学『プリンセス・トヨトミ』 30%
●村山由佳『ダブル・ファンタジー』 30%
●道尾秀介『鬼の跫音』30%

●東野圭吾『パラドックス13』 20%
●湊かなえ『少女』or『贖罪』 20%
●宮部みゆき『英雄の書』 20%
●真保裕一『アマルフィ』 20%
●柳広司『ダブル・ジョーカー』 10%
●高村薫『太陽を曳く馬』 10%
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]