忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[976] [975] [974] [973] [972] [971] [970] [969] [968] [967] [966]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  折原一
出版社: 講談社

  受賞間違いなしと信じて送った推理小説新人賞応募作が、何者かに盗作されていた。怒った「原作者」は、「盗作者」を破滅に追いやろうするのだが・・・

  折原一といえば叙述トリック、叙述トリックといえば折原一、といわれるほど折原一という人は叙述トリックにこだわっている人と聞いて、どんな感じなのかと思い、初めて読んでみました。江戸川乱歩賞最終候補作。折原一の事実上の第1作目。凄く面白かったです。

  途中までは、あまりミステリとは思えないような「原作者」と「盗作者」の暗闘が繰り返されるのですが、最後は、ひっくり返りを繰り返していきます。「倒錯のロンド」というタイトルの意味も最後になって分かるようになってきます。

  物語全体が、トリックというのには驚きました。女性のキャラクターが、男にとって都合良く動いているなぁ、と思ったら狂人の主観なのか。あまり色々書くと完全にネタバレになってしまうんだけど・・・ 予想できない展開を見せます。

  伊坂幸太郎の『鴨とアヒルのコインロッカー』も一種の叙述トリックなんだけど、そっちの作品のつくりが叙述トリックものとしては甘いな、と感じさせられるほど『倒錯のロンド』は凄いです(まぁ『鴨とアヒルのコインロッカー』はトリックというよりは伊坂幸太郎の文体と、その爽やかさと、悲哀が持ち味だから比べるものではないのかも知れないけど)。

  密室トリックに飽きたら(まだ飽きるほど読んでいないけど)、今度は叙述トリックにいけば良いのか・・・ 楽しみが増えました。


自森人読書 倒錯のロンド
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]