忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[975] [974] [973] [972] [971] [970] [969] [968] [967] [966] [965]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★

著者:  小泉武夫
絵:  江口修平
出版社: 東洋経済新報社

  内容はなかなか面白い。あの面白くて凄い漫画『もやしもん』にも通ずるような発酵についての絵本なのですが。

  なんというか、絵本なのに子どもを無視している気がします・・・ 難しい言葉を分かりやすい言葉に置き換えるとか、そういう気配りをしていません。絵本として失格じゃないか。自分の思想を広めるための宣伝本としか思えません。

  著者がやたらと、「日本民族は素晴らしい!」と言いまくるので、ちょっとうんざりしました。日本の食事は「地球上で最も優れた民族食といわれています」などと書いてあります。そんなこと誰が言っているのかなぁ。あえて「・・・といわれています」という言葉を末尾にくっつけて、自分の書いた文章の責任を負わないところもあざとい。(風土にあったものを食べるのが1番良い、と僕は思うけどなぁ・・・)

  あとは断定したがるところもうんざり。「ゆでた大豆と、納豆どちらがうまいか?(もちろん納豆のほうです)」とわざわざ()までつけて意見を押し付けようとするその態度がいやな感じです。偏屈。そこまで自分の意見を押し付けなくても良いじゃないか。

  絵本の表紙にも載っている「発酵仮面」というのがいろいろ喋るんだけど、全体的に滑稽で、気味が悪い。内容は素晴らしいのに、著者の「日本民族最高」という考えと「発酵仮面」が絵本全体をだめにしているのではないか、と僕は感じました。


自森人読書 わが輩は発酵仮面である!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]