忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  宮崎駿
出版社: 徳間書店

  シュナという王子の物語です。王子は、国の人たちが豊かな暮らしを手に入れるために、生きている麦を求めて旅をしていました。そんなある日、奴隷の少女を見て、彼女を救います。そのあと、また生きている麦を求めて旅を続けていくのですが・・・・・

  家にあったので、手に取りました。チベット民話「犬になった王子」が元となっているそうです。その「犬になった王子」というのは、麦を求めて王子が旅をするという民話なのですが、『シュナの旅』もあらすじは同じです。

  宮崎駿の絵物語。登場人物たちのセリフはほとんどありません。マンガというより、絵物語といったほうがしっくりきます。全体的に、『風の谷のナウシカ』と似通った感じがします。絵が似ています。ヤックルも登場するし。映画版『ゲド戦記』に影響をあたえたといわれます(原案になったんだっけ)。それなのにどうして映画『ゲド戦記』はあんなふうになってしまったんだ・・・ むしろこの『シュナの旅』をそのまま映画にして欲しかったです。

  鮮烈な色が使われていなくて、ほんわかした柔らかいタッチです。きれいです。全く趣きは異なるけれど(というより物語ですらないけど)『イーハトヴ博物館』と同じように、異世界を美しく表現しているなぁ、と感じました。どちらもいいなぁ、と思います。好きです。


自森人読書 シュナの旅
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]