忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1158] [1157] [1156] [1155] [1154] [1153] [1152] [1151] [1150] [1149] [1148]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  貫井徳郎
出版社: 東京創元社

  残酷な連続幼女殺人事件が発生。捜査一課長・佐伯は必死で事件解決を目指しますが、捜査は難航。彼が、ある代議士の落としだねだったこと、キャリア組であること、その上妻が上司の娘であることなどが、周囲のノンキャリアの警官達の反発を買い、捜査本部の内部は分裂状態となります。しかも、メディアと世論は無能な警察を徹底的に非難。その上、佐伯が妻子と別居し、愛人宅に通っていたことが発覚し、徹底的に攻め立てられます・・・

  捜査一課長・佐伯のシーンと、奇怪かつ不気味な新興宗教にはまっていく「彼」のシーンが、交互にテンポ良く流れていきます。

  途中まではハードボイルドっぽい雰囲気。ミステリというよりは、サスペンスものとしての色合いが濃いです。なので、あまり好みの小説ではないかも知れない、と思いつつ読み進めていました。ですが最後のところで驚かされました。かなりよく考えられていることが分かります。叙述ミステリ。凄いです、これがデビュー作ということに驚かされます。

  新興宗教の問題などを扱っているので、かなり重たいものを含んでいます。人の心の闇を抉り出したノワール小説(暗黒小説)としての一面を備えているわけです。それでいて一級のミステリ。まぁミステリを読みなれた人にとっては予想できるトリックなのですが、そこは肝ではない気がします。

  最後のシーンには愕然とさせられます。重いものを目の前に突きつけられます。どこにも答えが見つけられないし、救いがありません。どうすれば良いのか、途方に暮れます。「彼」の苦しみが重くのしかかってきます。


自森人読書 慟哭
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]