忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1155] [1154] [1153] [1152] [1151] [1150] [1149] [1148] [1147] [1146] [1145]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  いしいしんじ
出版社: 新潮社

  主人公は、「トリツカレ男」とみんなから呼ばれているジュゼッペ。彼は夢中になるとそれに凝ってしまい、他のことを全て忘れてしまう男でした。オペラ、三段跳び、サングラス集めなどなんにでもトリツカレました。そんな彼は、ある時ペチカという少女に恋します。ですが、ジュゼッペは何に関しても器用なのに、ペチカに告白することはできませんでした・・・・・ ジュゼッペはペチカを幸せにするために影で奮闘することになります。

  童話的な空気が漂っています。ファンタジックな純愛小説といえば良いのか。とにかく良い話です。短いのですっと読めてしまいます。

  『~~男』というタイトルを見ると身構えてしまいます。2チャンネルの書き込みをそのまま本にしてしまった純愛もの『電車男』や、ものすごくトリッキーな本格ミステリ小説『ハサミ男』が頭の中にあったからです。しかも、最初タイトル見たときは、「トリ」とか「カツ」とか連想してしまいました・・・

  ですが、『トリツカレ男』というタイトルからはまったく想像もできないような物語でした。まぁとにかく良い話なのです。直球です。とはいえほんわかしていて生々しさはないし、ほんともう欠点はどこにも見つかりません。もう文句は何も言えない・・・

  しいて挙げるならば疑問が2つ。童話っぽいのに、薄暗い残酷さがないのでは単なる「良い話」になってしまうのではないか。深い暗示的な部分が欠けているのではないか(宮沢賢治みたいな深さがないのではないか、という意味です。まぁ宮沢賢治と比較するなんて酷なことですが・・・)。しかし、決してつまらないことはないです。おすすめです。


自森人読書 トリツカレ男
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]