忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1105] [1104] [1103] [1102] [1101] [1100] [1099] [1098] [1097] [1096] [1095]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  法月綸太郎
出版社: 角川書店

  現代彫刻家の川島伊作が病死。彼は、その死の直前に、自分の娘をモデルにした石膏像を完成させて息を引き取ったはずでした。しかし数日後確認したところ、いつの間にか石膏像の首がなくなっていました。そしてそのモデルになっていた娘まで行方不明になってしまい・・・ 名探偵・法月綸太郎にこの謎は解けるのか?

  ミステリ小説。

  タイトルにはどっきりさせられるし、ストーリーは緻密なので、なかなかの力作だとは感じさせられますが。

  基本的に単調だし、張り巡らされた伏線は細かいものばかり。そして、偶然という言葉が持ち出されることが多いのには興醒め。ラストで数々の事実がきちりきちりとはまってくのは楽しいけれど、読後疲労感に襲われます。清涼院流水みたいなすっぽ抜けよりはまだましかも知れないが、法月綸太郎の重さも同じくらい疲れる・・・

  あと、豊崎由美が、「女性を道具みたいに都合よく殺したり妊娠させたりし過ぎ」「1回レイプしただけで都合よく妊娠するかよ?」と書評『正直書評。』で指摘していたけど、その批判は的を射ている気がします。どう考えても、全体の構成に無理がありすぎじゃないか。

  パズルみたいなミステリが大好きな人にはおすすめかも知れません。


自森人読書 生首に聞いてみろ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]