忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1212] [1211] [1210] [1209] [1208] [1207] [1206] [1205] [1204] [1203] [1202]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  平岩弓枝
出版社: 文藝春秋

  連作短編集。『初春の客』『花冷え』『卯の花匂う』『秋の蛍』『倉の中』『師走の客』『江戸は雪』『玉屋の紅』収録。

  御宿かわせみの女主人、庄司るいと、神林家当主の弟、神林東吾は相思相愛の仲。2人は、御宿かわせみに降りかかる不可解な出来事や事件や災難を次々解決し、全て押しのけて進んでいきます。2人を止められる者は誰もいない・・・

  時代小説の傑作だそうです。捕物帳でもあるので、ミステリの要素も含まれています。たとえば、『初春の客』は、長崎から連れてこられたという女と黒い犬(実は「黒ん坊」/黒人)が失踪したので、それを捜索する物語。結果として、東吾とその相棒、源三郎は金座・銀座役人の不正に立ち向かうこととなります。それが記念すべき『御宿かわせみ』シリーズ第1作目。

  きちりきちりと物語が収まっていて確かに面白いけど、「傑作」というほどではないんじゃないか、と感じました。ですが、これで終わりではなくて明治まで延々と物語が続いていく、と聞きました。主人公も代替わりしていくらしいです。それは確かに凄いし、面白そうだ・・・

  つまり長らく書き続けられ、そして愛読されてきた作品なわけか。数度にわたってドラマ化もされているそうです。それでさらに読者を増やしたのかもしれない。

  そういえば、御宿かわせみで「おんやどかわせみ」と読むそうです。


自森人読書 御宿かわせみ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]