忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  北方謙三
出版社: PHP研究所

  「楊家将」というのは、精鋭を率いて北方の異民族と激戦を繰り広げ、中華民族のアイデンティティを守った名将、楊業とその一族の物語です。外様ということで軋轢もあり、最終的には悲劇的な死を遂げることとなります。中国では、「楊家将」はとても人気だそうですが、やっぱりそれは悲劇の死という要素がとても大きいのだろうなぁ。判官びいきと一緒です。

  楊業はもともと北漢という国の臣下でした。でも、内側からの圧力と外側からの圧力によって、最終的に宋に降伏することになります。そしてその後、宋に仕えて、異民族の国家、遼(りょう・キタン族)と最前線で戦うことになりました。使い捨てに近い使われ方をされて、もう勝たなければ生き残れないという状況にいつも追い詰められます。

  宋は中国の歴代王朝の中でも、文官の発言力が強い国だったといわれます。そのため軍部の力というのはとても弱くて、建国からずーっと苦労し続けます。地方の軍閥は警戒されて動けず、中央の軍隊も強くない、とするとどうしようもありません。シビリアンコントロールがなりたっていたというよりは軍部がとても恐れられた、ということだと思います。楊業はその中で苦しみながら、戦って戦って戦ってばかりです・・・ それでも戦って基本的には負けず、死ななかったというのは凄いなぁ、と思います。まぁ最期には、味方に裏切られ、子ども達までみんな死んでしまうことになるのですが・・・

  物語自体が日本では知られていませんでしたが、中国では根強い人気だということです。北方謙三が作者な訳ではないのですが、同じなのは物語の骨格だけというほどの意訳みたいです。やっぱり一作では読み比べもできないので、他の小説家の方にも書いて欲しいなぁ。ぜひ田中芳樹にぜひ書いてもらいたいなぁ。書く、書く、といろんなところで言ってるんだから・・・ でもそれで他の物語(アルスラーン戦記)の続編がでなくなったりしたらいやだからそちらを完結させてから、書いて欲しいなぁ。

自森人読書 楊家将
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「楊家将(上)(下)」北方謙三
中国で、「三国志」を超える壮大な歴史ロマンとして人気の「楊家将」。日本では翻訳すら出ていなかったこの物語だが、舞台は10世紀末の中国である。宋に帰順した軍閥・楊家は、領土を北から脅かす遼と対峙するため、北辺の守りについていた。建国の苦悩のなか、伝説の英...
URL 2008/11/04(Tue)10:00:35
北方謙三の『楊家将(上/下)』
実は歴史が苦手で、こういった類いの本には一切触れずにきたのですが・・・・ ハイスピードで読み終わりました北方謙三の『楊家将(上・下)』。 読み始めたら超おもしろい! これは久しぶりの大ヒットです! 思わず家に帰っても読み続けてしまったわ。名前が難しくてすぐによみがなを忘れてしまうけど、だいたいその人がどういう人物かってのさえ判れば問題なしなのだ。 話は、宋が中国統一を目指している時代、武将楊業とその一族の話。 兄弟が7人も出て来るけど、その兄弟一人一人がそれぞれの味を出していて良いのですよ。大国の中での一族の立場、また一族の誇り。相手国である遼の名将との息の詰まるような戦の駆け引きの様子。そんな戦の中でちらりと見える相手国の姫と一族の息子との出会い。おやっ、中国のロミジュリになるのか? そして、宋と遼の戦の中で本当の敵は何なのか・・・って、最後は思わず涙してしまいました。う~む、おもしろすぎる! 一族のその後はどうなるんやろ・・・非常に気になる・・・続きはwebで!じゃなくて『血涙』でってことらしい。
URL 2008/11/05(Wed)12:03:25
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]