忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[673] [672] [671] [670] [669] [668] [667] [666] [665] [664] [663]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  鈴木輝実
出版社: グラフィック社

  絵の具を混ぜるとどうなるかが解りやすく具体的に描かれています。色と色の混じり具合は、見ているだけで面白いです。自分でもいろいろやりたくなってきます。まぁ学校の美術では、絵画をとっているので、描きたいと思えば描けるんだけど。

  だけど実際に役に立つかはいまいち分からない気がします。もう絵の具を見たら好きなように描きたいと思ってしまいます。そんなにいろいろ考えたりしない・・・ いろんなことを考えながら絵を描くことができてこそ、より良い絵が描けるのかもしれないけど、それがとても難しい。

  『透明水彩混色教室―すぐに役立つ色づくりの実技』を見ていて、やっぱり絵の具っていうのは楽しいものだなぁと思いました。どこまでも重ね塗りができて(とはいってもやりすぎると汚くなってしまうけど)、重なるごとにバランスが変わっていくところとか、とても面白いです。クレヨンではこうはいかない。それと、色同士を混ぜることができるところも良いなぁ。鉛筆ではこうはいかない。

  クレヨンにはクレヨンの良さがあるし、鉛筆には鉛筆の良さがあるわけだけど、絵の具にも絵の具の良さがあるのだなぁ・・・ これからいろいろ試してみよう、と思います。


関連リンク
高1 美術(絵画)


自森人読書 透明水彩混色教室―すぐに役立つ色づくりの実技
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]