忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[671] [670] [669] [668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いろんな日常を切り取った短編小説集。
『架空の球を追う』
表題作『架空の球を追う』は、少年達の野球練習のシーンを切り取った作品。『銀座か、あるいは新宿か』は、久しぶりに集まった女友達が、銀座と新宿、どちらの方が良いか論争する、という作品。まぁだいたいそんな感じで、バラバラな短編がいろいろ集められています。

読んでいてなかなか楽しいけど、満腹感はなかったです。

なんというか、「普通」な短編小説ばかりでした。「いかにも女流作家が書きそうな、生活の陰影をちょっとくりぬいた様な作品ばかり」と言ってしまってもいい気がします。あんまり面白みがありません。最近の森絵都の作品は、よくも悪くも、評論家から評価されそうな「普通」な小説ばかりだなぁと思わされます(直木賞をとった『風に舞いあがるビニールシート』からかなぁ)。

僕は昔の作品の方が断然好きです。『DIVE!』とか、『つきのふね』とか、凄くよかった。鋭いものや青臭さを含んだ青春をそのままに描いた、みたいな雰囲気が。


今日読んだ作品
森絵都『架空の球を追う』
森絵都『銀座か、あるいは新宿か』
森絵都『チェリーブロッサム』
森絵都『ハチの巣退治』
森絵都『パパイヤと五家宝』


今読んでいる本
森絵都『架空の球を追う』
高田崇史『QED―百人一首の呪』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「架空の球を追う」森絵都
「架空の球を追う」森絵都(2009)☆☆☆★★[2009050] ※[913]、国内、現代、小説、短編集、女流作家、女性 森絵都らしさとは何だろう。 作家より作品で語りたいとレビューを書いている。そう思っているのは事実だ。しかしその一方で、図らずも作家に触れたレビューも多い。森絵都もそうした作家のひとりだ。 初めてこの作家を意識したのは「DIVE」だった。当時、一冊ずつ新書で発刊されていたこの作品は一部の児童文学好きな読者の間でしか話題になっていなかった。書き込みをしていたネット...
URL 2009/06/01(Mon)01:11:38
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]