忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[675] [674] [673] [672] [671] [670] [669] [668] [667] [666] [665]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  姜尚中
出版社: 朝日新聞出版

  姜尚中は、カン・サンジュンと読みます。なので人名順に並べると、カのところになります。キではない。まぁカ行ということは変わらないんだけど。

  『姜尚中の青春読書ノート』は、姜尚中が出会い、大きな影響を受けた『三四郎』(夏目漱石)、『悪の華』(ボードレール)、『韓国からの通信』(T・K生)、『日本の思想』(丸山真男)、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(マックス・ウェーバー)といった作品の紹介。紹介されている本を、読んでみたくなりました。1つも読んだことがないなぁ・・・

  姜尚中が書いている文章は分かりやすいけど、引用されている文章はとっつきにくくて難しいです・・ そこが読みにくいかも知れません。というか、哲学とかの本ってどうしてあんなに難しいんだろう。結局、何を言いたいのか迷います。雰囲気は分かるけど。

  姜尚中という人の視点は、とても面白いです。リベラルというのか。世界の見方がしっかりと確立されていて、それでいて何かを絶対的なものとして崇めるということもないのです。ちょっと自由の森学園に来ていろいろ語ってみて欲しいなぁと思います。

  まぁ語ってもらわなくても、この本を読めば、彼がどういうふうにして、今に到ったのか、ちょっとだけ分かります。読書歴の紹介は、その人の考え方を語るのだなぁと感じました。


自森人読書 姜尚中の青春読書ノート
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
読書は1冊のノートにまとめなさい/奥野宣之/Nanaブックス/
読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング(2008/12/05)奥野宣之商品詳細を見る◆それより、自分にいま必要な情報を理解して、それをサポートする一冊一冊をしっかりと選ぶ。そしてその一冊と真摯に向き合い、本から学ぶ努力を重ねる。(p005)☆多読は大切。ひとつのテーマについて、いろんな角度から情報を得る。ただ、ダラダラ読んでも意味がない。質のある量が、大きな質に
URL 2009/10/09(Fri)09:19:44
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]