忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  山岸凉子
出版社: 集英社

  1970年代の物語です。主人公・ノンナは、ソビエト連邦支配下のウクライナ共和国・キエフのバレエ学校に通っていました。長身(当時「規格外」といれていた)で、荒削りな踊りのため、いつもバレエの教師である母親からは叱咤されていました。その上、優雅に踊る姉といつも比べられ、劣等感を抱いていました。

  しかし転機が訪れます。ソビエト界屈指の男性ダンサーにして、「金の星」とよばれるユーリ・ミロノフがノンナの才能を見出し、レニングラードのバレエ学校に連れていってくれたのです。その後、ノンナは新作バレエ『アラベスク』の主役に抜擢され、若くしく素晴らしいバレエダンサーとたたえられるようになります。しかし、ユーリ・ミロノフとの意思疎通に苦しみ、また「天才」と称されるいろんなダンサーとの出会いの中で、苦しみつつも成長していきます・・・

  あまりバレエマンガを読んでいないのにこんなこと言うのもどうかとは思うのですが。僕は、『アラベスク』は、バレエマンガの最高傑作じゃないかなぁ、と思っています。

  どこまでも上へ上へとのぼっていく主人公ノンナと、「天才」といわれる強烈なライヴァル達。ノンナがつまづくのは、だいたい人間関係のことです。それをひきずってバレエまでうまくいかなくなってしまうのです。嫉妬や悲しみ、それらに苦しめられつつもそれでもバレエを続けて、さらに上を目指すノンナ。バレエへの情熱と、人間としての弱さ、両方が表れていて、とても共感できる人だなぁ、という気がします。

  そして中身が濃いのに、どこまでも延々と続くということがなくて、4巻でコンパクトに収まっているのがいいです。熱い部分がぎゅっと凝縮されている気がします。


自森人読書 アラベスク
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]