忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この前から、京極夏彦『姑獲鳥の夏』を読んでいました。
そこまで面白くない、というのでは控えめに過ぎるかも知れない。つまらないよなぁ。どう考えても。と読み終わってみて感じました。

姑獲鳥の夏

あんまりだ。笑うしかない・・・ 分厚いわりにたいことはないような気がします。分厚さに比して、壮大かといえば全然そんなことはない。では人の心を深く描ききっているのか、というと別にそういうわけでもない気がする。

どうして、5日もかけて『姑獲鳥の夏』を読んでしまったのか(読んでいる最中に風邪ひいて寝込みました、この本の呪いかも知れない)。もっと別の本読めばよかったなぁ。
なんだかとても疲れました・・・

あまり続編を読みたいとは思いません。


今日読み終わった本
京極夏彦『姑獲鳥の夏』

今読んでいる本
田下敬子『原色の女 もうひとつの『智恵子抄』』
『世界』編集部『保守政治家は憂える―自民党リーダーたちとの対話』
内田康夫『天河伝説殺人事件』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
奇才ですね。
熱烈なファンも多い作家ですが、読者を選ぶ作家だとも思います。個人的には、あの分厚い新書を通勤電車で読むのは苦痛です。ただ、お化けに対する解釈は、なかなか興味深いと思います。

この作品についていえば、主人公役を割り当てられた関口先生に苛ついて、あまり好きな作品ではないです。二作目の「魍魎の函」の方が好きですが、これも分厚く重い。あまりお勧めできませんね。
ヌマンタ 2009/01/06(Tue) 編集
う~ん
コメントありがとうございます。
『姑獲鳥の夏』の感想は、文句ばかりになってしまいました・・・

確かにあの京極堂の喋りは面白いと思います。だけど、本当に全体的にじれったいんだよなぁ。最後の謎解きの「みえてたけど見えてない」というのには笑ってしまう・・・

「魍魎の函」はシリーズの中でも1番といって良いくらいの傑作だと聞いたので、時間を置いてから読もうと思います(傑作ってどういう意味で、かなぁ・・・)。
だいち URL 2009/01/06(Tue) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]