忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在、VIEW エネルギーシフト学生ネットワーク ブログのほうにごちゃごちゃといろいろなことを書いている最中。

しかし、写真・イラストなどがなくて、なんというか、あんまりぱっとしないか・・・

とりあえず、ウェブサイトのほうを完成させなければ、とこの前からやたらと書いている最中なのですが、なかなか完成しないです。

http://sisou.pazru.com/
PR
「<脱原発>50年の経済影響なし 東京大准教授試算」

毎日新聞より


2050年に「脱原発」を実現した場合の国内の経済影響はほとんどないとの試算を、茂木源人(げんと)・東京大准教授(社会戦略工学)がまとめた。太陽光パネルをすべて国内で生産し、未利用の土地を活用することなどの条件が前提で、実現には政府の姿勢が鍵になりそうだ。

 試算は電力会社の依頼を受け実施した。

 現在、日本の電源は原発約3割、火力約6割、太陽光を含むその他が約1割。試算では、太陽光パネルの寿命は20年で、発電量は年率1%で劣化するとした。50年までの電力需要を考慮し、(1)原発を段階的に廃止し、その分を太陽光が代替する(2)原発はそのままで、太陽光が普及していく分、火力を減らす(3)原発はそのままで、太陽光は住宅への普及限度の1000万戸まで増え、その分の火力が減る--の3ケースで分析した。

 その結果、50年の国内総生産(GDP)は、(1)536兆円(2)533兆7000億円(3)536兆1000億円で、ほぼ同レベルになった。

 この理由を、(1)と(2)で太陽光パネル製造や設置費など40年間で162兆8000億円が投入され、製造工場などで雇用が生まれるためと説明している。

 東日本大震災前の原発の平均発電量を得るには、1万平方キロの設置面積が必要だが、現存の耕作放棄地などを活用すれば可能という。

 一方、電力料金については、20年代半ばに1キロワット時あたり0・6円上がるが、大量生産が実現する30年に元に戻ると分析した。

 茂木准教授は「当初の太陽光発電のコストは他電源より高いが、国内ですべて生産すれば経済の足を引っ張ることはない」と話す。【藤野基文】

面白そうな企画・・・


3.11の震災後、日本の経済・社会の在り方が問い直されている。
今後の政策決定を政府など一部の人たちに委ねてはいられない。
私たちの住む環境は、私たちで考えてつくっていく必要がある。
2回に渡るシンポジウムを通して、私たちの住む地域の経済・社会をどうしていくかみんなで考えていきたい。

...7月16日(土) 第1回 「羽の生えた社会へ」
~地域で職・エネルギーを循環する経済・社会づくり~
講演 倉阪秀史教授(千葉大)
パネルディスカッション

7月23日(土) 第2回 「ローカリゼーション」
~環境・人・地域にやさしい経済~
「幸せな経済学」(ヘレナ監督作)上映
http://www.shiawaseno.net/
パネルディスカッション 講師 西野教授(地域政策学部)、他高崎経済大学の講師

時間:午後2時から5時(1時45分開場)
場所:高崎経済大学 7号館4階

参加対象:学生、教師、一般市民など誰でも参加可能
連絡先:world_become_peace_peace_peace2@yahoo.co.jp
「民主党の安住国会対策委員長は、宮城県石巻市で記者会見し、今年度の第3次補正予算案は10兆円を超える規模になるという見通しを示すとともに、集落の高台移転を進めるための土地の造成などに対する、被災地の自治体への新たな財政支援の仕組みを設けたいという考えを示しました」そうですが・・・

なんというか、高台移転というのはどうなのだろうか、と感じないでもないです。
新しい開発は、困難な作業になることは目に見えています。壮大な環境破壊になる気もします・・・

住んでいる人たちは、その土地から離れたくないと思うのかも知れませんが・・・
「VIEW エネルギーシフト学生ネットワーク」という団体に関して相談している最中。
「大学で環境問題を考える⇒日本にある全ての大学に再生可能エネルギーを導入する」ことを目的にする予定。

まあ、時流というか、はやりに乗り、いろいろできたら面白いと思っているのですが。

VIEW エネルギーシフト学生ネットワーク ブログ
様々な署名活動が始まっているようです。

福島の子どもたちを守るための緊急署名

避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を


ふくしま集団疎開裁判

子どもたちの集団疎開の決定を求める署名のお願い
もう六月も終わり、とは信じられないです・・・
なんというかはやすぎる・・・
そろそろいろいろやることが出てきたような気もします・・・
しかし、眠過ぎて頭が動かない。

今日は猫がベランダに出ていたため、4時半から起きて、家に入れて・・・ 眠過ぎる。

青くなっていく空を見ることができて、よかったのですが。
岩手・青森で震度5弱の地震があったとニュースで報じていました。

埼玉もけっこう揺れたような気がします。


まだ地震つづくのか・・・
『六ヶ所村ラプソディー』を久しぶりに見てきました。3度目。

多くのことを考えさせられました。核燃料サイクルという幻想がなぜ、まかりとおっているのか・・・ やっぱり、まったく理解できないと感じます。

恵泉女学園大学で上映されているものだったので、無料でした。

この頃、忍者ブログが妙に不調・・・
不安だ・・・
大丈夫なのか・・・
そういえば、すっかり書き忘れていましたが・・・
現在、「自然エネルギーに関する総理・​国民オープン対話」をおこなっている最中。

「自然エネルギーに関する総理・​国民オープン対話」




官邸に5人の有識者を招いて開催された
「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会(6/12開催)」は、
ネット動画中継を通じて延べ15万人を超える方々が視聴され、
ツイッターを通じて1万5千を超えるコメントや質問が寄せられました。
この結果を踏まえ、6月19日(日)に、
官邸にて「自然エネルギーに関する総理・国民オープン対話」が開催されます。
ニコニコ生放送では、この模様を生中継でお送りいたします。
参加者
菅直人 内閣総理大臣
福山哲郎 内閣官房副長官
田坂広志 内閣官房参与

司会
藤沢久美 シンクタンク・ソフィアバンク 副代表

*個人的に注目している人たち

科学者
○小出裕章 京都大学原子炉実験所助教。長年原発に反対してきた原発専門家。事故後、誰よりも正確に事態を把握して、具体的な見通しを示している。「水蒸気爆発が起きた場合、風向きによって、関東も汚染される」と発言している。
○上原春男 元佐賀大学学長。原発建設に関わった科学者。原発に、新しい外部冷却機装置を取り付けるべき、と提案している。

提言者
○飯田哲也 NPO法人 環境エネルギー政策研究所 所長。原発の専門家。「エネルギーは世代交代の時期がきている」と指摘している。原発の問題を的確に指摘。持続可能な社会の姿を具体的に提示している。
○田中優(運動家) 未来バンク事業組合理事長、非営利組織「ap bank」監事。脱原発を主張。再生可能エネルギーを用いた社会を築くべきと提案して、実際に行動を開始している。
ねむい・・・

ウェブサイトが更新できない・・・
そういえば、東北公益文科大学のソーラーパネルはすごいみたいです。




公益大では屋上に結晶系シリコン太陽電池モジュール1872枚を約1900m² に渡り配置し、国内最大級の出力250kwの発電電力が得られる太陽光発電システムを導入しています。

教育研究棟の屋上に設置されています。日本最大級の発電能力(250kW、一般家庭の約100世帯分)を誇り、キャンパス内の電力として利用されます。
*この太陽光発電システムは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の補助事業を利用し、整備したものです。



東北公益文科大学 太陽光発電システム
それにしても、ねむいです・・・

原発はまだ安全とはいえない状況なのですが・・・

しかし、世間の緊張はほぐれた気がします。まあいつまでも緊張しているわけにはいきませんが。
飯田哲也さんのツイッターは読んでいると勉強になります。

飯田哲也 tetsu iida@ISEP
http://twitter.com/iidatetsunari


すっかり有名になったので、説明は不要だと思いますが・・・
飯田哲也さんは科学者。自然エネルギー導入は不可欠だと論理的に説明しています。


【経歴】
1959年、山口県生。83年、京都大学原子核工学専攻修了。同年、神戸製鋼入社。電力中央研究所勤務を経て、96年、東京大学大学院先端科学技術センター博士課程単位取得満期退学。

00年、NPO法人環境エネルギー政策研究所を設立して所長に就任する。92~06年日本総合研究所主任研究員を兼務。90~92年スウェーデンルンド大学環境エネルギーシステム研究所客員研究員を勤めた。

中央環境審議会、総合資源エネルギー調査会、東京都環境審議会などを歴任。鳩山内閣時には、中期目標達成タスクフォース委員、および行政刷新会議の事業仕分け人に指名された。
ついに家のパソコンを修理に・・・
そのため、ウェブサイトの更新ができないです。

なんということだ・・・
ねむい・・・

この頃、睡眠不足か・・・

そういえば、家のパソコンがちかちかしています。大丈夫たろうか・・・
6.11、新宿にて、反原発デモがありました。

4.10高円寺デモ、5.7渋谷デモにはいきましたが、今回は、学校の授業があり、歩くことはできませんでした。
しかし、まだ終わっていないだろうと思い、夕方、なくとなく新宿に行きました。

やっぱり、まだまだ終わっていなかった!

次々と到着するたくさんの人たちを見ていました。

凄いことになっていました。

そういえば、李白という人が面白い漢詩を書いています。

その一部。

余嘗學道窮冥筌、
夢中往往遊仙山。
何當脫屣謝時去、
壺中別有日月天。


壺中には、別に日月の天があるのだそうです。
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]