忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、『さよなら妖精』と『台風のついせき竜巻のついきゅう』を読みました。


今まで読んだ米澤穂信の作品の中で、『さよなら妖精』が1番好きかも知れない、と思いました。

中盤までは、でてくる「謎」がどれも小さくてあまり面白くないなぁと感じ、読み進めるのが億劫になっていました。だけど、最後のページまでたどり着いてみたら、がらりと印象が変わりました。

ミステリ小説というよりは、青春小説に近い気がします。無力感、喪失感、全てが終わってしまったあとに、茫然とする感じ。マーヤと過ごしたなにげない日常こそが、かけがえのないものだったんだと気付かされるけど、もう決して取り返せない。
そして、主人公は、ユーゴスラヴィアからやってきた少女と出会ったことによって、「日常からの脱出」を目指していたのだけど・・・ その気持ちは「なんとなく」に過ぎなかったんだ、と最後には悟り、成長することになります。

ユーゴスラヴィアからやってきたマーヤの言葉、とくに「哲学的な意味はありますか?」を連発するところとか、印象に残ります。



加古里子『台風のついせき竜巻のついきゅう』は読書日記を書くために、昨日から再読していた絵本です。感想は自森人読書日記 台風のついせき竜巻のついきゅうのほうに書いています。


今日読んだ本
米澤穂信『さよなら妖精』
加古里子『台風のついせき竜巻のついきゅう』(再読)


今読んでいる本
夏目漱石『私の個人主義』
夏目漱石『草枕』
竹山道雄『ビルマの竪琴』
初野晴『退出ゲーム』
森博嗣『数奇にして模型―NUMERICAL MODELS』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]