忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『さよなら妖精』を読んだ後、『退出ゲーム』を読みました。
『結晶泥棒』『クロスキューブ』『退出ゲーム』『エレファンツ・ブレス』収録。
退出ゲーム

面白い!
『退出ゲーム』も、『さよなら妖精』と同じような「青春・ミステリ」です。しかし雰囲気はまったく違います。

『さよなら妖精』は、機知に富んだ会話、ちょっとしたとんちみたいな推理が、印象に残ります。主人公は、ユーゴスラヴィアからやってきた少女と出会ったことから、日常からの脱出を目指します。だけどその気持ちは「なんとなく」に過ぎなかったんだ、と最後には悟り、成長することになります。
終わった後は爽やかだけど、悲しい気分になります。

対して、『退出ゲーム』は、直球で明るくて軽くてぽんぽんと小気味良く進んでいきます。主人公のチカや、ハルタたちは面白い人たちだし。周りに集まるのは変人ばっかり・・・
どこか『超人人間あ~る』を思い浮かべます。読むのが楽しいです。しかし、楽しいだけでは終わらない。最後の短編ではかつての戦争のことに触れます。それでも凄く重い感じにはならない。
最後まですっと進んでいきます。

僕は、『さよなら妖精』の方が好きかも知れない。
でも『退出ゲーム』も凄く小気味良い感じで、面白いです。


今日読んだ本
初野晴『退出ゲーム』

今読んでいる本
夏目漱石『私の個人主義』
夏目漱石『草枕』
竹山道雄『ビルマの竪琴』
森博嗣『数奇にして模型―NUMERICAL MODELS』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]