忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1430] [1429] [1428] [1427] [1426] [1425] [1424] [1423] [1422] [1421] [1420]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『イン・ザ・ペニー・アーケード』
ミルハウザーの小説。第一部『アウグスト・エッシェンブルク』/第二部『太陽に抗議する』『橇滑りパーティー』『湖畔の一日』/第三部『雪人間』『イン・ザ・ペニー・アーケード』『東方の国』。

第一部『アウグスト・エッシェンブルク』
物語の舞台は、19世紀のドイツ。アウグストは時計職人の息子です。彼は、時計職人になるため、歯車のことを学びます。しかし、12歳の時に動く絵をつくり、14歳の時には自動人形を作り始めます。そして、天才的な技を用いて、自動人形に魂を込めようとします。彼は、大手百貨店を経営するプライゼンタンツに見出され、ベルリンに赴くのですが・・・

第二部『太陽に抗議する』 家族とともに海岸へ赴いたエリザベスは、全てを憎む黒づくめの少年を見かけます・・・

『橇滑りパーティー』 キャサリンは橇滑りパーティーに集まった若者たちに紛れています。しかしピーターに不意に告白され、不快に感じ・・・

『湖畔の一日』
ジュディスは休暇の間、マウンテン・ロッジに赴いていました。陰気な女とよく会うので不快に思うのですが・・・

第三部『雪人間』外は雪景色。雪人間が現れます。

『イン・ザ・ペニー・アーケード』
12歳の誕生日を迎え、ペニー・アーケード(遊園地)へ行きました。しかし、そこはなんだか変化していて・・・

『東方の国』
当方の国には、金色の鳥がいて、雲は全て名付けられ、砂時計がさまざまな場所に置かれています。断片的。美しい東方の国のことを綴ったもの。イタロ・カルヴィーノ的。

とくに、『アウグスト・エッシェンブルク』が印象に残ります。アウグストは天才的な技を持ち、禁欲的な姿勢を保ちつつ、美しい人形を作り続けます。しかし、結果的には、全てを引きずりおろそうとする人々と、大量生産された欲望を誘う俗っぽい人形たちに敗北します。痛々しいです。しかし、それが当然の流れなのかも知れません。


読んだ本
スティーヴン・ミルハウザー『イン・ザ・ペニー・アーケード』

読んでいる最中
中村光『聖☆おにいさん 5』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]