忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1480] [1479] [1478] [1477] [1476] [1475] [1474] [1473] [1472] [1471] [1470]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ロシア文学講義』
ウラジーミル・ナボコフが、ロシアの小説を読み解いていきます。『ヨーロッパ文学講義』よりも、面白かったです。

ナボコフはゴーゴリを絶賛します。それから、ドストエフスキーを徹底的に批判し、トルストイを賞賛していきます。その切り口が面白いです。とにかく、鋭いし、明確です。

ドストエフスキーは狂人しか登場させず、読者を惹きつける、とナボコフは指摘します。それから、なんともし難い苦悩を描いているように見えるけれど、登場人物の性格は固定され、一貫されているのだから人間を描けていない、だからドストエフスキーは筋(プロット)に秀でた、非芸術的な小説家でしかない、とナボコフは批判します。確かにそうかも知れない、と感じます。

まぁドストエフスキーのような小説家も、僕は嫌いではないのですが。

ナボコフによるトルストイ賞賛の部分も、分からなくはありません。しかし、細部に徹底的に拘るため、読むのがじょじょに辛くなってきます・・・


読んだ本
ウラジーミル・ナボコフ『ロシア文学講義』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]