忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[621] [620] [619] [618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミステリをからかった、パロディ的な連作短編ミステリ小説集。
『名探偵の掟』
東野圭吾という人の偉いところがよく分かります。
『名探偵の掟』の中で、東野圭吾はそこらへんに転がるありきたりで安直でその場しのぎに過ぎないミステリを痛烈に風刺します。そういうものがミステリ小説をだめにしていく、と彼は慮っているのだと思います。この本はかなり笑えます。しかし笑えるだけでなくて考えさせられもします。

東野圭吾の書いたミステリ小説をたどっていくと、ミステリというものがだいたい分かってきます。

東野圭吾という人は、生粋のミステリ作家なのだなぁ・・・


今日読んだ本
東野圭吾『名探偵の掟』

今読んでいる本
真保裕一『奇跡の人』
と学会『トンデモ本の世界』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]