忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[619] [618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611] [610] [609]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『慟哭』はミステリ小説。


捜査一課長のシーンと「彼」のシーンが、交互にテンポ良く流れていきます。

途中まではハードボイルドチックというか、ミステリというよりサスペンスものとしての色合いが濃いので、僕の好きな小説ではないかも知れない、と思いつつ読み進めていたのですが・・・
かなりよく考えられていることが分かります。最後のところで驚かされました。これは叙述ミステリか。凄いです、素晴らしい。面白い!

これがデビュー作ですか。凄い。
新興宗教などの問題を扱っているので、かなり重たいものを含んでいますが、それでいて一級のミステリです。


貫井徳郎『慟哭』

今読んでいる作品
森見登美彦『恋文の技術』
東野圭吾『名探偵の掟』
真保裕一『奇跡の人』

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]