忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[580] [579] [578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

連作短編集『映画篇』を読んでいる最中。
名作とされる映画がたくさん登場します。ほとんど知らないです・・・

金城一紀は、日本国籍を持つ韓国系日本人。
『太陽がいっぱい』という短編の主人公は在日韓国人。どこか作者自身を連想させます。小説によって彼が何かを書く理由を描いた作品。

『ドラゴン怒りの鉄拳』は、夫が自殺した女性が主人公。彼女は夫の死後長くひきこもってしまうのですが、ビデオ店で映画を借りたり、ビデオ店員の青年との関わってたりする中で、立ち直っていき、あることを決断します・・・

金城一紀『恋のためらい/フランキーとジョニー もしくは トゥルー・ロマンス』は、親との関係がうまくいっていない青年が、弁護士の親から金を奪おうとする女性にひかれていく物語です。

このあたりまで読むと、どの短編も関連していることが分かってきます。面白い。そうか、そことそこでつながっているのかも知れないのか・・・ というふうに楽しめます。


今日読んだ作品
金城一紀『太陽がいっぱい』
金城一紀『ドラゴン怒りの鉄拳』
金城一紀『恋のためらい/フランキーとジョニー もしくは トゥルー・ロマンス』



今読んでいる本
金城一紀『映画篇』
中原昌也『名もなき孤児たちの墓』
殊能将之『ハサミ男』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]