忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[384] [383] [382] [381] [380] [379] [377] [376] [375] [374] [373]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あとは、『日本の検察―最強の権力の内側』も読みました。
『日本の検察―最強の権力の内側』

この前、キムタク演じる検事が主役のドラマ『HERO』を見ていたということもあり、『日本の検察―最強の権力の内側』を読みました。よくまとまっていて面白いです。検事の役割や、歴史等が分かります。

日本では、検察ってとても大きな権限を握っているんだと分かりました。政治の腐敗を徹底的に叩いてその不正を糺せるのは検事くらいなのだなぁ・・・ だけど、検事だって代議士と闘うのは大変だろうと思います。
検事として大活躍し、その後ヤメ検弁護士に転じてまたもや活躍、そしてやりすぎて最終的には逮捕された田中森一が書いた『反転』を読んでいると、検察も国策には逆らえないんだ、という側面も見えてきます。まぁそこは駆け引きか。

もう少し細かいことが知りたいなぁ・・・ 派閥争いのこととからさらっと語られても頭に入ってきません。まぁまずこの本で大雑把にいろんなことを知った上で、もっと別の本にあたっていけば良いか。


今日読んだ本
野村二郎『日本の検察―最強の権力の内側』

今読んでいる本
星新一『なりそこない王子』
『世界』編集部『保守政治家は憂える―自民党リーダーたちとの対話』
山岡荘八『山田長政 他』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]