忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [377] [376] [375]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  佐藤多佳子
出版社: 新潮社

  映画にもなった、落語を愛する男の物語。

  26歳の今昔亭三つ葉は噺家。前座の1つ上の二ツ目。落語が大好きだけど、恋にも悩み・・・ でも女の心にはとんと疎いので、悶々とすることになります。そんな中、ひょんなことから、喋るのが苦手な人たちの師匠をやることになります。あがり症のいとこ、口下手の美女、いじめられてる小学生、赤面症の元プロ野球選手、そんな人たちに「喋り」を教えようとするんだけど、それは全然難しいことで、四苦八苦・・・ 全然うまくいかないが・・・

  文章が小気味良いです。かなり意識してやっているはずのとんとん進んでいく文章が良いです。物語としては恋愛小説になるのかなぁ。でもこの読書日記の分類の中にそれがないので、青春・学園ものにいれておきます。だいぶ違う気がするんだけどなぁ。

  今昔亭三つ葉のところへ行ったからといって、すぐさま効果テキメンという訳じゃないんだよなぁ。別に劇的に何かが良くなるという訳ではない。だけど、今昔亭三つ葉の一本気に触れて何か見つけ、自分に希望をもち、自分に「よしっ!」と言える、そんな感じだ、と書いている人がいるけど、まぁそんな感じだなぁ、と思います。


自森人読書 しゃべれどもしゃべれども
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子
しゃべれどもしゃべれども 佐藤 多佳子 子供の頃から落語が三度のメシより好きで、18歳で今昔亭小三文に弟子入り、21歳で二ツ目になった今昔亭三つ葉は当年26歳。頑固で気が短く、女性の気持ちはさっぱりわからない。そんな彼の元に、落語を習いに通うことになった4人。三つ葉の従兄弟で吃音に悩むテニスコーチ。「話し方講座」に通う黒猫のような冷たい美人。関西弁でクラスで1人浮いたまま戦闘態勢を崩さない小学生。普段は強気ながら野球解説になると話が出来ない元ピンチヒッター。そんな個性的な連中を前に、三ツ葉...
URL 2009/01/11(Sun)21:07:18
「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子
「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子(新潮文庫) 若手落語家・今昔亭三ツ葉。頑固で気が短く、オンナの気持ちに疎い。そんな彼がどういうわけか話し方指南などをすることに。集まったのはあがり性のテニスコーチ、口下手な女性、関西弁のせいでいじめられる....
URL 2009/01/11(Sun)21:43:54
しゃべれどもしゃべれども
著者:佐藤 多佳子 出版:新潮文庫 紹介文: 本屋大賞を受賞された佐藤多佳子さん。受賞作はなかなか借りられないので、こちらを先に読みました。初読です。 江戸前、チャキチャキの落語家さんのお話。語り口調が楽しいです。 コミュニケーションをとることが苦手な人...
URL 2009/01/11(Sun)23:18:55
「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子
しゃべれどもしゃべれども佐藤 多佳子 (2000/05)新潮社 この商品の詳細を見る 売れない落語家で、いまだ二つ目でしかない三つ葉。 三つ葉は、吃...
URL 2009/01/12(Mon)22:24:41
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]